退職代行は甘えなのか?

退職代行を考えている方へ

グーグルで検索するときに、「退職代行 あ」と入力すると補助機能みたいなものがあって、退職代行と一緒に検索されているキーワードが表示されるようになってます。

この時に、「退職代行 甘え」というキーワードが出てきました。
一定の検索数があるので、候補にこのキーワードが出てきているのですが、それで思ったことを記事にしたいと思います

ここから本文

退職代行以前に、仕事を辞めること自体が甘えだという考えの人や、辞めること自体は悪いことじゃないけど退職代行でなく自分の口から辞めることを告げるべきだという人も色々いると思います。

うーん、退職代行って甘えなのか?と。

個人的には条件にある程度よるかなと思います。

それは甘えじゃない?っていうケースもある場合があると思いますが、そこまでいくと仕方ないよね?ということもあるのかなと。

退職代行を利用した時点で無条件で甘えになるのは、それは言い過ぎだと思っています。

サービス残業とか、無理なノルマとか、一線を越えた要求をしてくる会社で仕事をしていてる人達もその中には一定数いるわけです。

みんなホワイトな職場で働いているわけでもなく、これは仕方なくない?と。

中には、新卒で入ってムリな指示でないことができなくて、上司に怒られて凹んでもう辞める!って人もいると思いますが、退職代行に依頼してくる人でそういう人の割合の方が少ないように思います。

まとめ

退職代行を利用するからと言って無条件で甘えは違うと思うし、本人が悩んでいるくらいなら甘えという考えは無視して退職代行に相談をするのはいいと思います。

他人の考えとか、自分が生きていくことで役に立つことなんかほとんどないだろうし。

仕事が嫌なら辞める!
状況的にどうしても自分の口から言えないなら、退職代行を利用するし自分から言えるなら会社に伝えて退職する。
それだけです。

タイトルとURLをコピーしました